中華人民共和国2018

初日、千歳から3時間半で上海浦東に到着した。蘇州まではさらに3時間半のバス旅だ。

車窓からは東京を凌駕した都市景観が続き、驚きのなか平行路に到着した。

 

七百年前の瓦、外壁を使った家々が連なる。

明日から世界遺産の街並みを絡めた撮影が楽しみだ。

2日目、ザリガニ専門店を見つけ、即入店し食してみた。外観及び味はエビと同じだ。

日本でもザリガニを食べれば、安価でエビを楽しめた気分になれる。どうだろうか。

3日目、平行路の路地裏でチャイナドレス姿の娘を撮影した。 

中国の歴史と異国感漂う写真を感慨深く思ったが、娘はアイスに夢中だ。

 

きっと娘が母になった時、父の愛を感じてくれると思う。

なお、この時の一枚が入賞し、全国書店で販売となっている。

(下の写真ではありません)

4日目、ミッションインポッシブル撮影地で有名な山糖街を訪れた。 

メインストリートでの撮影を試みたが、人混みの多さに断念した。

 

路地裏を散策しながら、撮影する。 

散策で重要なことは、主役を引き立てる背景選びだ。

 

撮影時に物語を感じられるよう撮れれば、傑作になる。 

単なる記念写真で終わる写真と入賞する写真との違いは、そこにある。

5日目、山糖街での連日撮影となった。 

娘、甥をうつ伏せローアングルで撮影していると中国人が集まってきた。

 

スマホでうつ伏せ姿を撮影している人もいた。こっけいに思ったのだろう。

日中友好に貢献したと思ったのは自分だけだろうか。

6日目、カイコのさなぎを食べた。柔らかい肉の食感が心地よい。

噛むと肉と殻の味が混ざり合い、さらに美味しさをます。

 

約30匹を食し満足したが、さなぎ臭のゲップが数時間続いたのには閉口した。

なお、カイコのさなぎは腎臓病患者にとてもよい食事とのことだ。

7日目、明日の帰国便に備え、上海浦東空港内ホテルへの移動日となった。

往路と同じく車窓には大発展の中国景観が広がる。

 

低迷する日本経済への特効薬は、中国市場への日本車の輸出だと思う。

残念ながら、中国では日本車ではなく大半が欧州車だ。

 

東南アジアのように日本車が席巻すれば、元気な日本経済が復活するだろう。 

最終日、千歳への離陸のみとなった。この一週間で感じたことは、教科書や報道で見分する中国とは異なるということだ。

 

本やネットで知る情報のみで終わる人生にはしたくないし、実際に動き見て感じる行動の人生でありたい。