フィリピン2014

初日、2014年8月、17時間を経てセブ州マクタン島に到着した。

途中で目にしたフィリピン警察官の風貌が、頭から離れなかった。

 

眼光鋭く、ジーンズに白T、無精ひげ、38口径の拳銃がホルスターから丸見えだ。

危うい雰囲気が伝わり、刺激的な写真への期待となった。

 

実際、スラム街で撮影した写真が入賞し、全国書店で販売された。

再び傑作が撮れるならスラムに行き、撮影をしたい。 

どうかしていると思われるだろうが、写真が生きがいの自分には普通の感覚なのだ。

2日目、フィリピン人から沖合の海底に旧日本軍駆逐艦が沈没していると教えらえた。

 太平洋戦争が過去の産物ではなく、リアルな現実のように感じた。

3日目、フィリピンの危険さと実情をお伝えする。

ホテル出入り口の門には拳銃、ライフルで重武装した守衛が常駐する。

 

タクシーでホテルに戻る際は、車体下部に爆弾がないか検査してから入場となる。

最初は生きた心地がしないが、二度三度と体験すると何も感じなくなる。

人間の慣れは、怖いものだと思った。

最終日、劣悪な環境のスラム街や物乞いと残飯をあさる子どもを見かける。

コンビニ、銀行、ガソリンスタンドには、自動小銃で武装した警備員が常駐する。

 

もし、わが子がこうした環境で、生きるとしたらどうだろうか。

何とかしてあげたいと思うのが、親心だと思う。

 

フィリピンの子供たちも同じ人間の子供だという現実を感じてほしい。

一人の意識改革の一歩から皆の一歩へとつながれば、世界は変わると思う。